婦人科医とお金の話し①

20190330


ちょっと・・・なんて言うか・・・

ビックリだ( ◜◡^)


もちろんマメな検査の方が安心するという方も居ると思います。
ですが保険のきかない検査費用は中々痛かったです。

「自分に覚えが無くても相手が居ることだから・・・」

という事でどこで病気を貰うか分からない為、検査した方が良い!
と院長は言っていました。
分かる・・・分かるんですが何度もパートナーを疑うようで当時モヤモヤした記憶があります。

そしてピルって病院でいくらでも上乗せ出来るらしく他院より薬も高かったです。


不妊→避妊目的になってしまったのも1回の診察で言われたのでは無く、
最初は「間違えてるのかな?」くらいにしか思ってなかったのですが、
その後の診察でも何度も言っていたので突っ込むことも無く病院を辞めました(--;)

子宮全摘の診断を受けた知人も病院を変え、その後のガン検診なども他院で受けるようになったそうですが
わざわざ前病院から「検診の時期ですよ?」と電話があったそうです。

うーん・・・
親切心なのでしょうか?それとも儲け?
もちろん医者もビジネスですし、儲けは大事ですけどね!( ◜◡^)
でもちょっとなぁ~


病院の方針や相性もあると思います。
色々謎な病院でしたが幸い今では近所に沢山の婦人科が開院し選択肢が増えました。

自分にとって信頼できるお医者さんを見つけるのって本当に大事ですね。(2回目)







閲覧ありがとうございます。
押して頂けると励みになります( ◜◡^)


育児絵日記ランキング